活性酸素とは

MENU

活性酸素とは

 

 

老化による身体の変質は様々な要因か重なり合う事によって急速に進行するといわれていますが、中でも活性酸素は様々な身体の老化を進める要因を更に進めるとして特に問題視されており、体内の活性酸素の増加を可能な限り食い止める事によって老化の進行速度を遅らせることが出来るといいます。

 

果たしてこの活性酸素はどのようにして生まれ、どうすれば増加を食い止めることが出来るのでしょうか。

 

 

活性酸素は普段の呼吸で取り入れた酸素がストレスや喫煙、激しい運動、食品添加物の摂取などをきっかけに変化したものを指します。

 

 

活性酸素は細胞を攻撃する性質を持っており、シミの原因を作り出すメラニンを発生する細胞を攻撃によって刺激したり、新しい皮膚の細胞を攻撃することでしわの出来やすい肌にしたりと様々な形で綺麗な肌を破壊していきます。

 

 

活性酸素の増加を防ぐためにはとにかく活性酸素を作る原因を避けつつ活性酸素を増やしにくい身体を作っていくことが大切です。

 

 

活性酸素を増やしにくい身体は抗酸化作用の強い食材を取るようにすることで作ることが出来、ビタミンCやビタミンE、ミネラルといった栄養素を摂ることで活性酸素を作り出さない綺麗な肌を長期間保つことが出来る身体を作ることが出来るそうです。